TT Malware Log

マルウェア / サイバー攻撃 / 解析技術 に関する「個人」の調査・研究ログ

2018-04-10から1日間の記事一覧

2018 Data Breach Investigations Report

【資料】 ◆2018 Data Breach Investigations Report (Verizon, 2018/04/10) https://enterprise.verizon.com/resources/reports/DBIR_2018_Report.pdf 【関連まとめ記事】 ◆DBIR(Data Breach Investigations Report) (まとめ) https://malware-log.hatenablo…

Verizon 2018 Data Breach Investigations Report: Ransomware still a Top Cybersecurity Threat

【ニュース】 ◆Verizon 2018 Data Breach Investigations Report: Ransomware still a Top Cybersecurity Threat (SecurityMagazine, 2018/04/10) https://www.securitymagazine.com/articles/88907-verizon-2018-data-breach-investigations-report-ransomw…

クリプトジャッキングとは?その概要と対策方法を解説

【ニュース】 ◆クリプトジャッキングとは?その概要と対策方法を解説 (サイバーセキュリティ.com, 2018/04/10) https://cybersecurity-jp.com/cyber-terrorism/23640 【まとめ情報】 ◆クリプトジャッキング / Cryptojacking (まとめ) http://malware-l…

‘FakeUpdates’ campaign leverages multiple website platforms

【ブログ】 ◆‘FakeUpdates’ campaign leverages multiple website platforms (MalwareBytes, 2018/04/10) https://blog.malwarebytes.com/threat-analysis/2018/04/fakeupdates-campaign-leverages-multiple-website-platforms/

Solving Ad-hoc Problems with Hex-Rays API

【ブログ】 ◆Solving Ad-hoc Problems with Hex-Rays API (FireEye, 2018/04/10) https://www.fireeye.com/blog/threat-research/2018/04/solving-ad-hoc-problems-with-hex-rays-api.html

北が躍起になるサイバー諜報活動 首脳会談前に情報集め?金正恩氏の焦り見え隠れ

出典: https://www.sankei.com/images/news/180410/wor1804100001-p1.jpg 【概要】 APT37 午前11時から午後3時の活動が活発 主に平壌を拠点 (Lazarus は世界中に拠点) 攻撃を急ぐ余り、追跡から逃れるための対策はずさん 【ニュース】 ◆北が躍起になるサ…

ランサムウェアの脅威は健在、手口が巧妙化した新種も--Malwarebytes

【ニュース】 ◆ランサムウェアの脅威は健在、手口が巧妙化した新種も--Malwarebytes (ZDNet, 2018/04/10 12:06) https://japan.zdnet.com/article/35117465/ 【関連情報】 ◆WannaCry (まとめ) (TT Malware Log, 2017/05/12) ⇒ http://malware-log.hatenablog…

ランサムウェア「GandCrab」、Flashの脆弱性で拡散開始か

【ニュース】 ◆ランサムウェア「GandCrab」、Flashの脆弱性で拡散開始か (ZDNet, 2018/04/10) https://japan.zdnet.com/article/35117475/ 【関連サイト】 ◆GandCrab (まとめ) http://malware-log.hatenablog.com/entry/GandCrab


Copyright (C) 谷川哲司 (Tetsuji Tanigawa) 1997 - 2019