TT Malware Log

マルウェア / サイバー攻撃 / 解析技術 に関する「個人」の調査・研究・参照ログ

政府機関のセキュリティ管理 第1回「米国情報管理法(FISMA)」

【要点】

◎米国が2002年12月に電子政府法の一環として成立させた。各省庁は年に一度、情報セキュリティを見直し、行政管理予算局(OMB)にセキュリティ報告書の提出が義務付けられた


【概要】

■法律の対象

  • 米国・連邦政府機関
  • 連邦政府機関より業務委託を受けている民間の外部委託先


■内容

  • 情報セキュリティの見直しと報告
  • 新システムにおけるセキュリティ計画についての明記
  • セキュリティ監査の実施
  • 既存ITシステムについてセキュリティについての認証取得
  • 標準技術局(NIST)におけるITの適切なセキュリティレベルを定めるガイドラインの作成
  • 各省庁における情報セキュリティ責任者(Chief Security Officer、CSO)の設置


【ニュース】

◆政府機関のセキュリティ管理 第1回「米国情報管理法(FISMA)」 (NetSecurity, 2010/12/20 08:00)
https://scan.netsecurity.ne.jp/article/2010/12/20/26088.html


【関連まとめ記事】

全体まとめ

◆法律・制度 (まとめ)
https://malware-log.hatenablog.com/entry/Law


Copyright (C) 谷川哲司 (Tetsuji Tanigawa) 1997 - 2020