TT Malware Log

マルウェア / サイバー攻撃 / 解析技術 に関する「個人」の調査・研究・参照ログ

国家支援型のサイバー攻撃、ハクティビズム続伸――カスペルスキー、2013年のセキュリティ脅威予測を公開

【詳細情報】

◆2012年のトレンド

  • Mac OS X を標的とした高度なマルウェア
  • Android を標的とした脅威の爆発的な増加
  • 国家支援によるサイバー軍事活動の継続を象徴する Flame および Gauss の存在
  • LinkedIn や Dropbox などの有名な Web サービスからの深刻なパスワード流出
  • Adobe のデジタル証明書の詐取
  • Java など有名ソフトウェアに内在する新しいゼロデイ脆弱性
  • ネットワークデバイス(DSL ルーター)への攻撃
  • DNS Changer の閉鎖
  • 破壊的なマルウェア Shamoon と Wiper
  • Madi によるサイバースパイ活動

◆2013年の予測

  • 標的型攻撃の続伸
  • 「ハクティビズム」の継続的な流行
  • 国家支援型のサイバー攻撃の増加
  • サイバースペースにおける政府支援の「合法的な」監視ツールの使用
  • クラウドベースのインフラストラクチャへの攻撃
  • デジタルプライバシーの崩壊
  • オンラインの信頼性とデジタル関連当局におけるたび重なる問題
  • Mac OS X およびモバイル向けマルウェアの継続的増加
  • 主なサイバー攻撃方法としての脆弱性とエクスプロイトの悪用の継続
  • ランサムウェアとクリプトウイルスによる脅迫型攻撃の拡大

【ニュース】

◆国家支援型のサイバー攻撃、ハクティビズム続伸――カスペルスキー、2013年のセキュリティ脅威予測を公開 (Computer Worls, 2012/12/12)

モバイル端末を狙った標的型攻撃も急増

http://www.computerworld.jp/topics/563/205852


Copyright (C) 谷川哲司 (Tetsuji Tanigawa) 1997 - 2022