TT Malware Log

マルウェア / サイバー攻撃 / 解析技術 に関する「個人」の調査・研究・参照ログ

ウォッチガード、マルウェアの3分の2が暗号化されており、 HTTPSインスペクションの重要性を強調

【概要】

  • トラフィックのインスペクションは必須事項
  • Moneroクリプトマイナーが急増
  • Flawed-AmmyyとCryxosマルウェア亜種が上位にランキング
  • 3年前のAdobeの脆弱性がネットワーク攻撃のトップにランキング
  • Mapp Engage、AT&T、Bet365がスピアフィッシングキャンペーンの標的に
  • マルウェアとネットワーク攻撃が減少
  • 特に英国とドイツが広範に波及したマルウェア脅威の標的に


【公開情報】

◆ウォッチガード、マルウェアの3分の2が暗号化されており、 HTTPSインスペクションの重要性を強調 (WatchGuard, 2020/07/071)

2020年第1四半期インターネットセキュリティレポート:暗号化されたマルウェアの危険性、Moneroクリプトマイナー、Flawed-Ammyy、Cryxosマルウェアの急増を報告

https://www.watchguard.co.jp/press-release/20200701.html


Copyright (C) 谷川哲司 (Tetsuji Tanigawa) 1997 - 2020