TT Malware Log

マルウェア / サイバー攻撃 / 解析技術 に関する「個人」の調査・研究・参照ログ

NEC、SMBCグループ、日本総研が量子アニーリングにおける共同研究を報告

【概要】

検証テーマ
現状 量子アニーリング利用による成果
①機械学習 不正検知の機械学習において、不正の学習データ入手が困難である 実在しないが確からしい学習データを機械的に生成可能
検出できた不正取引の割合が3~6%向上
②ストレステスト
業務の効率化
各種経済指標を調整するための手作業に時間を要している 左記の作業時間を約1/6に短縮


【ニュース】

◆NEC、SMBCグループ、日本総研が量子アニーリングにおける共同研究を報告 (Enterprise Zine, 2021/03/22 14:50)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14134


【関連まとめ記事】

全体まとめ
 ◆先端技術 (まとめ)

◆量子コンピューター (まとめ)
https://malware-log.hatenablog.com/entry/Quantum_Computer


Copyright (C) 谷川哲司 (Tetsuji Tanigawa) 1997 - 2020