TT Malware Log

マルウェア / サイバー攻撃 / 解析技術 に関する「個人」の調査・研究のログ

2019-07-22から1日間の記事一覧

「分散型サービス拒否攻撃」入門--多大被害をもたらす攻撃の手口と緩和の対策

【ニュース】 ◆「分散型サービス拒否攻撃」入門--多大な被害をもたらす攻撃の手口と緩和の対策 (TechRepublic Japan, 2019/07/22 07:30) https://japan.techrepublic.com/article/35140141.htm

Incident Response Insights Report 2019

【資料】 ◆Incident Response Insights Report 2019 (SecureWorks, 2019/07/22) https://www.secureworks.jp/resources/rp-incident-response-insights-report-2019

LinkedIn phishing attacks initiated by Iranian hacker group APT34

【ブログ】 ◆LinkedIn phishing attacks initiated by Iranian hacker group APT34 (TechGenix, 2019/07/22) http://techgenix.com/apt34-linkedin-phishing/ 【関連情報】 ◆イラン政府のハッカー集団、リンクトインでサイバー攻撃開始 (Forbes, 2019/07/24)…

ブルガリア納税者全員のデータ、ハッキングで流出する

【ニュース】 ◆ブルガリア納税者全員のデータ、ハッキングで流出する (Gizmode, 2019/07/22 12:30) https://www.gizmodo.jp/2019/07/bulgaria-hacked.html

MyJCB をかたるフィッシング (2019/07/22)

【公開情報】 ◆MyJCB をかたるフィッシング (2019/07/22) (フィッシング対策協議会, 2019/07/22) https://www.antiphishing.jp/news/alert/myjcb_20190722.html

「MyJCB」かたるフィッシングメールが拡散中、誘導先の偽サイトでカード情報を窃取

【ニュース】 ◆「MyJCB」かたるフィッシングメールが拡散中、誘導先の偽サイトでカード情報を窃取 (Internet Watch, 2019/07/22 14:32) https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1197331.html

新種のフィッシングメール検出、今後さらに拡大の恐れ

【要点】 ◎手間をかけずに作成されたフィッシングメールが発生 【概要】 ダークWeb経由で購入された廉価なマルウェアを用いたサイバー攻撃 スマートフォンから実行された可能性がある 【ニュース】 ◆新種のフィッシングメール検出、今後さらに拡大の恐れ (マ…

イスラエルの詐欺師、欧州から170万ドル相当の仮想通貨盗む

【ニュース】 ◆イスラエルの詐欺師、欧州から170万ドル相当の仮想通貨盗む (Mornigstar, 2019/07/22 12:35) http://vc.morningstar.co.jp/004650.html

100以上の企業を脅かしたランサムウェアが中国に侵入──ビットコインで身代金を要求

【ニュース】 ◆100以上の企業を脅かしたランサムウェアが中国に侵入──ビットコインで身代金を要求 (Coindesk, 2019/07/22) https://www.coindeskjapan.com/15037/

先週のサイバー事件簿 - 46MBが4.5PBに膨れ上がる「ZIP爆弾」に注意

【概要】 4.5PBのファイル爆弾「ZIP Bomb」 ゲームやカメラアプリに偽装したアドウェアをGoogle Playで確認 Google、Chromeの最新バージョン「75.0.3770.142」をリリース Windows Defenderの脆弱性に対するアップデート Slackを悪用するマルウェア「SLUB」 …

アメリカ海軍、イラン無人機撃墜に新兵器「MADIS」使用。妨害電波で強制的に墜落

【ニュース】 ◆アメリカ海軍、イラン無人機撃墜に新兵器「MADIS」使用。妨害電波で強制的に墜落 (Engadget, 2019/07/22) https://japanese.engadget.com/2019/07/22/madis/


Copyright (C) 谷川哲司 (Tetsuji Tanigawa) 1997 - 2019