TT Malware Log

マルウェア / サイバー攻撃 / 解析技術 に関する「個人」の調査・研究のログ

2015年はデータセンターにおけるSSD利用の終わりの始まりだった、研究でわかったSSDの抱える問題点とは?

【概要】

  • パフォーマンス
    • SSDが高温になるとパフォーマンスが低下
    • フラッシュアレイ(複数のフラッシュメモリを使ったストレージ)には予期せぬレイテンシ(読み書きの遅延)が存在
      • 「SSDが追いつけないほどのライト(書き込み)があった場合、ライトが完全に終わるまでリード(読み取り)が待機状態となり大きな遅延となる
  • 信頼性
    • SSDはHDDよりも温度に敏感


【ニュース】

◆2015年はデータセンターにおけるSSD利用の終わりの始まりだった、研究でわかったSSDの抱える問題点とは? (Gigazine, 2015/12/21 13:05)
http://gigazine.net/news/20151221-ssd-2015/


Copyright (C) 谷川哲司 (Tetsuji Tanigawa) 1997 - 2019